世界的なエネルギー転換には信頼された技術が不可欠

SMA Dong Nam Viet

新興国は、世界的なエネルギー転換の大きな可能性を秘めています。
ガーナやベトナムのような国々では、エネルギー需要が急速に増加しており、こうした国々の電力源は、気候変動の抑制に決定的な役割を果たすことになるでしょう。
しかし、多くの投資家が霧中に包まれるような市場において、再生可能エネルギープロジェクトに必要な資金をどのように調達するのでしょうか?信頼された技術が重要な役割を果たします。

太陽光発電は数年間、新興国のエネルギーの一部を担っていました。
しかしサハラ以南のアフリカのような地域で太陽光発電が最初に導入されたとき、多くのプロジェクトが、低品質の部品を使用し不十分な保守計画により、慎重さよりも熱意が先走り遂行されました。
その結果、投資家が要求する水準に基づいて構築された高品質なプロジェクトが減少。
特に商業・産業(C&I)分野では十分な資金調達ができない為に、太陽光発電の主要市場はほぼないも同然でした。

その結果、多くの企業が依然として高いエネルギー価格を支払うことになり、自社ビルの屋上や敷地内での太陽光発電プロジェクトによってエネルギーコストを削減し、利益を得ることができないままでいます。標準化された信頼性のあるプロジェクトが不足しているため、投資家はさらに慎重になり資金調達ギャップが慢性化、クリーンエネルギーへの世界的な動きの中心となる分野のプロジェクトが滞り、中止にもなりました。

信頼された技術による現状変革

SMAパワーコンディショナはガーナのMarie Stopesに設置され、40 kWpの太陽光発電システムが本社に電力を供給

しています。世界最高の基準で建設・維持され、高品質の部品を使用する多数の太陽光プロジェクトが、サンベルト地域全体のエネルギー転換の原動力となっています。SMAパワーコンディショナは、この流れに重要な役割を果たしています。世界全体から支持される品質と、ドイツ工学の高い水準に対する高い技術力が評価されています。SMA Sunny Tripowerの様なパワーコンディショナは、世界中の事業に手頃でクリーンな電力を提供するドイツの企業ecoligoが実施する、数多くのプロジェクトで使用されています。SMAパワーコンディショナを信頼するのは彼等だけではありません。Ecoligo.investmentsプロジェクトの資金調達を行っているCrowdinvestorsも、技術の信頼性を認めています。

投資が投資を呼ぶ

信頼性の高い技術と目に見える影響により、プロジェクトは個人投資家にとって魅力的なものになり、資金調達ギャップの解消と太陽光発電システムの設置が可能になります。
システムは実証されたパフォーマンスと収益性を示し、確実性を生み出すことでさらなる投資を促進し、より多くのプロジェクトが実施されるための下地を敷くことができるのです。 Crowdinvestorsはこの機会を敏速に利用しました。ケニア初のフローティングソーラーシステムが、ecoligo. Investmentsにおいてわずか一日で資金を調達することができたのです。この投資意欲は、太陽光発電を利用する事業にのみ向けられているわけではありません。この流れはエネルギー転換には不可欠です。現在、気候変動対策に年間2.5兆米ドルの資金調達ギャップが存在しています
Crowdinvestorsは、小さくとも重要なパズルの一部です。Crowdinvestorsは、私たちのエネルギーの未来図を完成させ、事業投資への道を切り開くのです。
地球規模のエネルギー環境の変革競争において、高品質のコンポーネントは三重の役割を果たします。三重の役割とは、Crowdinvestorsに信頼性を示し、エネルギー利用者に安心を与え、目に見える実績を上げることです。民間投資家からの迅速かつ柔軟な資金調達とあいまって、私たちが今まさに必要としているエネルギー転換が加速しています。

 

ecoligoのプロジェクト数

  • 稼働中の太陽光発電プロジェクト数: 21件
  • SMAパワーコンディショナを採用したプロジェクト数:18件
  • 3大陸・4ヶ国に導入
  • ecoligo.investmentsで資金を調達したプロジェクト件数: 42件
  • CO2の削減量: 58000トン
0 コメント

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>