SMAの電力管理IoTプラットフォームennexOSが、サービスデザインとユーザーの使用感で、iFデザイン賞の金賞を受賞

SMAの電力管理IoTプラットフォームennexOSが、サービスデザインとユーザーの使用感で、iFデザイン賞の金賞を受賞

2020年5月7日、ニーステタール – 電力を効率的に使えば、生活がより持続可能なものになり、そこから利益を得て、コストを節約することができます。SMAは、個人の顧客や太陽光発電の専門家に、家庭や企業のあらゆる電気の流れを監視・最適化するための革新的なデジタルソリューションを提供しています。その基盤となるのが、電力管理IoTプラットフォームennexOSです。これは、包括的でインテリジェントな電力管理を、よりユーザーが使いやすくするものです。このennexOSにより、SMAはサービスデザインの分野で有名なiFデザイン賞の金賞を受賞しました。

世界で最も費用効果の高いエネルギー源:太陽光発電

太陽光発電のメガワット時あたり25米ドル未満。このような価格は、日照量の多い地域ではもう珍しくありません。対照的に、新しい石炭や原子力発電所の発電コストは、60米ドルから110米ドルです。太陽光発電は、コストが引き続き低下しているため、世界で最もコスト効率の高いエネルギー源となる正しい方向に向いています。したがって、従来の発電所に依拠し続けずに、新しい太陽光発電システムを構築することは、環境的・経済的に、とても理にかなっています。